目立たってなんぼの倉庫…倉庫運営していくために必要なことは?

オフシーズンの物から手を付けよう片付けは闇雲に行うのではなく、段階的に進めていくことが大切です。引越し当日まで、生活に不便を及ぼさないためにも、まずはオフシーズンの物から整理をしていくようにしましょう。仮に春の引越しなら、秋冬のアイテムは出…

目立たってなんぼの倉庫…倉庫運営していくために必要なことは?


非常に重要で欠かせない存在

倉庫にはいろいろな商品アイテムを取り扱っています。生活の中で毎日使うものからプロや専門家しか使わないような部品も倉庫で在庫管理されています。店舗で売り切れた商品も倉庫に発注かければ最短で在庫補充できるようになっています。電気製品が壊れた時に使う修理パーツなどを扱っている倉庫もあり、それらの部品もすぐに出荷できるような体制をとって運営されています。倉庫の仕事は決して派手ではありませんが、非常に重要で売る側にとっても消費者にとっても欠かせない存在になっています。

人員体制を整えて運営していく

倉庫業務はいくつかの部署に分けられています。入庫チーム、出庫チーム、検品チーム、メンテナンス、各作業をチームごとに行い、件数的に処理できる人数で構成されています。人員の配置が多すぎるとロス工数になりますが、少なければ出荷する分の件数をこなせなくなります。遠方に発送する場合は特に出荷時刻がシビアですから、人員数を見極められないと出荷に遅れが生じます。件数見合いの工数割り出すことによって、倉庫業務を運営していかなければなりません。

競争に勝つための差別化

荷物を預けてもらわなければ、倉庫の仕事は成り立ちません。この倉庫に荷物を預けて在庫管理してもらおうと思わせなければ契約できません。お客に気に入ってもらうためには、何かしらのアピールが必要です。他の倉庫と同じことをやっているだけだと倉庫の魅力は引き出せません。在庫数が自動で表示されるように倉庫の棚を自動化したり、誤作業を起こさないために作業に工夫を凝らしたりと様々な取り組みをしていくべきでしょう。倉庫業界で生き残るなら差別化を図ってアピールしていくしかありません。

物流は人手不足などの諸問題が山積しており、それを解消していくためには、人工知能であるAIの活用を推進する必要があります。

Go Top