匿名配送システムを使うと送付先の相手に自分の住所や名前は伝わらない?

オフシーズンの物から手を付けよう片付けは闇雲に行うのではなく、段階的に進めていくことが大切です。引越し当日まで、生活に不便を及ぼさないためにも、まずはオフシーズンの物から整理をしていくようにしましょう。仮に春の引越しなら、秋冬のアイテムは出…

匿名配送システムを使うと送付先の相手に自分の住所や名前は伝わらない?


ネットオークションやフリマアプリで用いられる

近年、ネットオークションやフリマアプリでは匿名配送が使えるところが多いです。これは出品者と落札者が商品のやりとりをするにあたって、お互いの個人情報を相手に伝えなくてもいいというシステムです。したがって、たとえば女性が男性出品者から商品を購入したあと、その男性から電話されたり、手紙を送られるといった心配は一切ありません。また、出品者としてもなんらかの理由で購入者がクレームをつけてきた場合でも、家に電話されたり、自宅に押しかけられる心配がないのでその点で安心といえるでしょう。

配送会社だけが両者の情報を知っている

ただ、匿名配送を使ったことがない人だと、本当に名前や住所を教えなくても商品がちゃんと配送されるのか心配かもしれません。では、匿名配送は具体的にどのようなシステムになっているのかというと、まず出品者は配送場所へ行って、ネットオークション、フリマサービスの運営会社から発行されたバーコードや番号を伝えます。すると伝票を渡されるので、これを商品が入っている箱や袋に貼りつけて引き渡します。もちろん、この伝票には送付先の住所などは書かれていません。

そのあと、配送会社は貼ってある伝票を元に送付先の住所が書かれている伝票を発行し、元の伝票と入れ替えて、配達します。つまり、ネットオークション、フリマアプリの運営会社から配送会社に出品者と落札者の個人情報が伝わっているので、出品者と落札者がお互いの個人情報を教え合わなくても問題ないのです。

機密文書を電子ファイルで管理する場合、誰でもアクセスできる共有ドライブ上に保管しないこと、ファイルごとにパスワードを設定するなど、安易にファイルを閲覧できないようにする事が大切です。

Go Top