太陽光発電を始めるなら知っておくべき事はたくさんあります


人や環境に優しい太陽光発電

太陽光発電は、文字通り太陽から届く光の力を利用して電気エネルギーを生み出すシステムです。発電する時に利用する太陽光は、再生可能エネルギーと呼ばれるものであるため、なくなる事がありません。そのため資源で困る事はないですし、人や環境にも優しいシステムとなっています。太陽光発電というと、太陽が見えている時だけしか発電できないイメージがありますが、夜にならない限り雨の日や曇りの日でもエネルギーを生み出し続ける事が可能です。身の回りに当たり前にあるエネルギーを使用しているため、環境問題を意識している多くの人に注目されているシステムです。

太陽光発電のシステムには、発電機の役割を果たす太陽電池が必要です。この太陽電池を集めた太陽光パネルという物体に、太陽の光を当てる事で電力を生み出す事ができます。大まかな流れとしては、シリコン半導体が電気を発生させ、パワーコンディショナが直流電流を交流の電気に変換するといったものになります。その後は、分電盤によって電気を必要としている部屋のコンセントに送られます。外から見ただけだと、太陽光電池が集まってできたただのパネルがあるようにしか見えませんが、内部の複雑な仕組みが電気を生み出す際に活躍しています。

太陽光発電を利用するメリットとは?

太陽光発電を利用すると様々なメリットがあります。一番大きなメリットと言えば、環境に優しい事や有害物質を出さない事ですが、それ以外にも魅力的な面はたくさん存在しています。家計の面からみると、余った電気を売る事ができるという点が大きいのではないでしょうか。自分の家で使わなかった電気は、電力会社に売ってお金にする事ができるため家計の助けになります。光熱費を抑える事もできる点も魅力です。その他には、災害時に使用できるという点あります。電力会社から電力を供給してもらえなくなったとしても、自分の家で発電可能であるため、いざという時の備えとして重宝します。

太陽光発電を利用するデメリットとは?

便利な点がたくさんありますが、太陽光発電にはデメリットも存在しています。特に目につく事と言えば、太陽光発電のパネルを設置するための初期費用がかかる点です。そのため、最初にまとまったお金を払わないと利用できないのが難点となります。その他には、日によって発電量が違うという点もあります。太陽の光を利用して発電するため、天候によってはあまり発電できない日があります。見落としがちなのはメンテナンスについての事です。太陽光発電のパネルは、設置後に定期的なメンテナンスをしなければなりません。そうしないと部品が落下したり発電量が落ちてしまう事があります。

家庭用太陽光発電によって生産された電力は、2009年に始まったFIT制度により売買価格が10年保証されていますが、保証期限を過ぎると契約する電力会社が設定した太陽光発電の価格で売買することになります。

Go Top