フランチャイズ始めるなら?自分を知って業種を選ぼう


フランチャイズは業種選びを慎重に

フランチャイズ代理店となって開業をしたいと考えるならば、業種選びは慎重に行いたいものです。フランチャイズの業種は様々ありますが、イメージや単なる憧れで選んでしまうと、自分のできること、目指したいことと大きな食い違いが生まれ、こんなはずではなかったと後悔することにもなりかねません。手当たり次第に資料を取り寄せる前に、自分の目指す事業としてどの業種が適当なのかを比較検討することが大事です。

業種選びには自己分析が欠かせない

フランチャイズの業種選びの際に必ずやっておきたいのが、自己分析です。フランチャイズ開業の際に、自己分析が十分に行われていないケースもよくありますが、これが失敗のもととなることも多いです。自分がどんな業種で最高のパフォーマンスが出せるのかを事前に客観的に分析しておくことが事業の成功につながります。

まず、自己分析のカギの1つは、自分は何を目指したいのか、将来の夢やビジョンをはっきりさせることです。夢やビジョンは、事業を継続し、成長させていくための主軸となります。自分はこの事業を通して何を実現したいのかが明確になっていることで、自分にとって妥協できること、妥協できないことの線引きがはっきりします。

もう1つのカギは、公私にわたり、自分の客観的に評価できるポイントを並べ挙げてみることです。過去の業績、人事評価の内容などは参考になります。得意なことと不得意なことを洗い出し、自分の強み弱みを明らかにすることで、自分がどんな業種で力を発揮できるかが少しずつ見えてきます。まずは自己分析を丁寧に行って、自分に合っていると思われる業種をある程度絞り込んだうえで、資料請求、比較検討を行ってみましょう。

代理店は本店に代わって商品を販売しています。例えば海外本店でしか販売されていない商品を、国内で本店に代わり販売するなどです。

Go Top