防犯フィルムってどんな効果があるの?似た商品に注意しよう


簡単には割れないようにしてくれる

空き巣が侵入する場所は玄関以外にも、窓から侵入することもあります。戸締りが原因で入られてしまうのは自分の不用心というのはわかりますが、窓を割られて侵入されてしまっては戸締りをしっかりしていても意味がありません。そのような場合は窓を割られにくくするために、防犯フィルムを使うことを考えてみましょう。ガラスの表面に張ることで、割れにくくすることができます。空き巣が侵入をあきらめる時間は5分といわれており、防犯フィルムを使用することで割れるまでの時間を伸ばすことが可能です。また割るためには強い力を加える必要がありますが、その際には大きな音が出ます。空き巣は大きな音が発生することを嫌うため、割れずに何度も音が発生するので諦めることに繋がります。このような効果があるので、防犯対策には防犯フィルムを貼ることは有効な手段の一つです。

防犯フィルムには種類がある

防犯フィルムに似ているものに、飛散防止フィルムがあります。これはガラスが割れたときに飛び散りにくくするもので、防犯効果はありません。また防犯フィルムであっても種類があり、CPマーク認定品とそれ以外のものに分けられます。CPマーク認定品は350ミクロン前後の厚さがあり、資格保有者に施工してもらう必要があります。高価なものになってしまいますが、5分以上の耐久性が認められています。認定外の商品では厚さも薄く、5分以上の耐久性も立証されていません。そのためしっかりと防犯対策をしたいのであれば、CPマーク認定品を資格保有者に施工してもらうことが大事です。

窓に防犯フィルムを貼ると、ガラスを破るのに時間がかかり、破る時に大きな音がするので簡単に侵入しずらくなります。空き巣などの侵入犯罪に効果的と言われています。

Go Top